臨床工学技士学科


埼玉医科大学国際医療センター 勤務

照屋 蘭さん

SOLAを選んだ理由
沖縄県内にできた初めての臨床工学技士養成校で、臨床工学技士という仕事に興味があり、どのような勉強をするのか興味がありました。
県外の学校で資格を取るよりも生活費や学費を考えて、バイトをしながらSOLAで3年間勉強して資格を取った方が経済的に良いと思い進学しました。

臨床工学技士学科で、身についたことや成長を感じた事。
1年生のときは何も分からず勉強していたものが学年があがるにつれて理解できるようになったことです。
とくに病院実習の後からきちんと勉強をするようになって、それが働くようになってすごく大事なことだと感じています。

大学に編入して良かったことや身に着いたことは?
SOLAでも卒業研究をしましたが、大学ではより本格的に自分の興味のある分野で研究ができました。
また電気実習を受けて、SOLAでできなかった沢山の電気回路や原理ついて学ぶことができたと思います。ME1種の試験問題が解けるようになったのは大学で電気電子実習のレポートを毎週提出するのに苦労したからだと思います。

今の仕事のやりがいや、大変さは?また今後の目標は?
毎日、業務を覚えながら、さらに勉強することばかりですごく大変です。
こうした方が患者さんが良くなるんじゃないかと考えて行ったことが、うまくいってDr.から『状態が回復した』とか直接患者さんから『楽になった』と言われるとやりがいを感じます。
今後はもっとたくさん勉強して、ローテーション業務をさせてもらえているのでどの分野でも頼られる技士になる事が目標です。

進路についてのアドバイス(高校生及び在校生)
興味のあることを無理に見つけようとしなくてたくさん勉強しておくと、後からやりたいことが変わってもいろいろできるので、興味がなくてもやってみることが大事だと思います。頑張ってください。

SOLAに求めること。(今後こうしてほしい。今後こうあってほしい。など)
業務の見学でもっといろんな病院をまわれたら面白いと思います。就職先を考えることができるし、働くイメージがつくと思います!