臨床工学技士学科

臨床工学技士
琉球大学医学部付属病院 内定

與那嶺 順一さん
(西原高等学校出身)

いくつからでも遅くない 夢は叶えられる

公務員を目指していた頃に縁が有り臨床工学技士の助手として2年間勤める機会がありました。次第に自分も臨床工学技士として働きたいと思うようになり、32歳という年齢や学費の面で不安はありましたが、困難な道でも挑戦しようと決意しSOLAへ入学しました。 科目の中で特に電気工学分野が苦手ですが、先生方のサポートや努力の甲斐がありなんとか「第二種ME技術実力検定試験」に合格することができました。苦手なことだからこそ挑戦していく大切さを検定試験を通して学びました。克服したとまではいえませんが、前進できる自分になれました。 医療職は他職種と連携し質の高い医療を提供する使命があります。グループ学習や学園祭で身に付けたコミュニケーション力を活かし、相手の立場に立って話を聞き、理解することを忘れず仕事に邁進していきたいです。そして、いつか海外協力隊として働いてみたいです。