臨床工学技士学科

山城 凛さん
(普天間高等学校出身)

気軽に通える県内への進学で親の負担を軽減しながら夢を叶える

母が医療従事者だったので、元々医療職に興味がありました。高校2年生のインターンシップ先の病院で、実際に臨床工学技士の方が仕事をしている姿を見て、心惹かれ、私もなりたいと思いました。そんな中、SOLAに臨床工学技士学科が設立される事を知り、進学先は母のためにも県内の学校がいいと考えたので、SOLAに入学する事にしました。
工学の知識が全くなかったため、授業を理解できるようになるまでが大変でした。高校で学んだ科目もあり、あの頃しっかりと勉強していればよかったと思うことがあります。
これからも勉学に励み、医師や看護師とのコミュニケーションや信頼関係を大切にし、何をすべきか自ら考えて行動できる臨床工学技士になれるよう頑張ります。