救急救命士や整体師・公務員・スポーツインストラクター・臨床工学技士などを目指すSOLA沖縄保健医療工学院

SOLA沖縄学園TOPへ
お電話でのお問合せはこちら
フリーダイヤル:0120-764-701

お電話での申込み・問合せはこちら:0120-764-701

医療の力でサポートするアスリートの強い味方

医学的知識と手技で、打撲、捻挫、脱臼、骨折などの回復をはかるのが柔道整復師です。スポーツ現場では急性期対応が可能なメディカルトレーナーとして厚い信頼を受け、介護や福祉の現場では機能訓練の専門家として貢献するやりがいのある仕事です。

取得できる資格

柔道整復師国家試験受験資格

めざす職業

柔道整復師、スポーツチーム等のメディカルトレーナー、接骨院&整形外科、リハビリ施設勤務、デイサービスの機能訓練指導員、接骨院の開業、その他(スポーツ施設、医療メーカー等)

国家資格を持ち、様々な医療分野で活躍する人材へ

打撲、捻挫、脱臼、つき指、骨折などに対して、手技でその回復をはかるのが柔道整復師の仕事です。柔道整復師の主な治療法は、手技療法、運動療法、物理療法、温熱療法などがあります。柔道整復師国家資格を取得後、開業、病院勤務、接骨院・整骨院のスタッフはもとより、スポーツ分野での治療資格をもつトレーナーや介護や福祉の分野で機能訓練の医療に従事することが出来ます。

学科の特徴

柔道整復師という仕事

柔道整復師は人間の持つ自然治癒力を利用し治療を行います。高齢化社会が進む日本において介護や福祉といった現場での活躍、またスポーツの現場においても早性期対応が可能なためメディカルトレーナーとしても活躍することができます。

柔道整復師POINT

  • 国家資格の取得が必要
  • 医学の知識と手技を用いて治療
  • 介護や福祉、スポーツ分野など幅広く活躍できる
  • 経験を積み、独立開業することができる

「柔道整復」とは

昔から「ほねつぎ」「接骨」として伝承され発展してきた治療方法です。

「柔道整復」とは

「柔道整復」は、日本古来の武術である柔術に由来する治療法です。柔術の「活法」という人を蘇生・治療する医術に西洋医学も取り入れながら発展しました。打撲やねん挫、脱臼、つき指、骨折などのケガを、手術をしない整復や固定といった手技などを使い治療します。人間の治癒能力を引き出しながら治療を行うのです。
診療の際にレントゲンなどの医療機器を使用しないので、問診や触診で患者の状態を把握します。そのため、解剖学などの知識はもちろん、患者の心を開き信頼を得るコミュニケーション能力も必要とされます。

柔道整復師の仕事・いろいろな治療法

スポーツのケガや日常生活の中で生じた骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などのけがに対し、手術をしない、整復・固定などの治療を行うことができる専門家です。 

手技療法

手技療法

術者の手で、患者の体に揉む・押すなど種々の刺激を加え、生物が備えている自然治癒力を活性化させ、損傷や疲労の早期回復を図ります。

運動療法

運動療法

徒手または器具を用いて運動を積極的に取り入れながら、症状の軽減や機能回復を図ります。

温熱療法

温熱療法

熱を加えることで痛みの抑制や血流をスムーズにする他、精神的なリラックス効果も期待できます。手軽で普及している治療法の一つです。

物理療法

物理療法

電気、温熱、光線などの物理的エネルギーを用いて痛みを和らげ、関節の可動範囲を広げるなど生活動作を円滑に働かせる療法です。

主な就職先

● 接骨院・整骨院

骨折・脱臼・ねんざ・打撲などの外傷に対して施術をするための治療院です。最近はフランチャイズ形態の治療院も増えています。

● スポーツ分野

柔道整復師は、スポーツの分野でもコンディショニングやリハビリテーションの役割を担うことが多いです。プロスポーツの現場から中学・高校の部活動まで活躍の場は多彩です。

● 医療機関

柔道整復師は病院やリハビリ施設でも活躍しています。

● 社会福祉施設

介護付き老人ホームなどにおけるリハビリテーションや、在宅ケアの一環としての寮など、福祉分野においても柔道整復師が求められています。

● 独立開業

柔道整復師の国家資格は、独立開業権が認められた数少ない医療国家資格です。自分の治療院を経営できるのは魅力的です。

カリキュラム

国家資格取得のために

人体の構造と機能を学び、病理やリハビリテーションなどの専門基礎知識、臨床柔道整復学や実際の実技などを通し、3年間で国家資格取得を目指します。

仲田 健志さん(嘉手納高等学校出身)

充実した設備と環境の中で最高の技術が学べる

部活でケガをした時に整骨院でサポートしてもらい、ケガが治り試合に出られたので、僕もこういう仕事をしたいと思い、柔道整復師を目指しました。
SOLAにオープンスクールに行った際、施設がとても充実していて先生や先輩方もとても優しかったのが好印象でした。入学して驚いたことは、柔道の授業です。実際に投げたり、投げられたりして柔道の危なさなどを学びました。将来は、患者様一人ひとりを近い距離でサポートし、ケガが治った時に一緒に喜べるような柔道整復師になりたいです。

仲田 健志さん(嘉手納高等学校出身)

先生方の丁寧な指導と仲間のサポートで難しい授業も安心

高校の時に部活でケガをして、整骨院に通ったことがきっかけで、柔道整復師を目指すことにしました。オープンキャンパスでSOLAを見学した際に充実した学習環境ときれいな施設を目の当たりにし、楽しく学んでいけそうだと思い、SOLAの柔道整復師学科に入学しました。
入学後の座学では、初めて習う体の事や骨の名前などとにかく覚える事の多さに驚きました。ですが、分からないところは、先生方が丁寧に教えてくれるのでとても助かっています。包帯の授業では、足の捻挫の固定など、今まで知らなかった固定法や処置を学んでいます。将来スポーツの現場で働きたい私にとって、とてもいい授業を受けさせてもらっていると思います。
今後は、ボランティアなど色々なスポーツ活動に参加し経験を積んで、ささいな痛みやケガで苦しんでいる人をしっかり治して復帰させることのできる柔道整復師になりたいです。

安和 祐希さん(北中城高等学校出身)

安和 祐希さん(北中城高等学校出身)
瀧田 裕美さん(日本大学東北高等学校出身)

高い技術を習得できるSOLAで治療からリハビリまでできる柔道整復師を目指す

宮城県で鍼灸按摩指圧マッサージ師の資格を取得して、整骨院で働いていた時に、患者さんが骨折しましたが、骨折は自分で診られないので柔道整復師の先生にお願いするしかなく、何にもできなかった自分が悔しくて柔道整復師学科に入りました。
学校では、現在も現場に積極的に出ている先生や様々な経験や知識を持った先生からより高いレベル、新鮮な知識を授業で教えていただけて、入学して良かったです。今後は、応急処置の仕方や外傷の対応の仕方を学び、さらに経験を積み重ねてどんなケガや疾患でも治せる柔道整復師になりたいです。

瀧田 裕美さん(日本大学東北高等学校出身)

講師紹介

プロ講師陣による全力サポート

医療行為の中でも、実際に触れて施術する人とのつながりが深い柔道整復師
知識と技量に加え、社会に貢献できる豊かな人間力を育みます

牧村 泰慈 学科長

牧村 泰慈 学科長

日本柔道整復接骨医学会認定柔道整復師、全日本柔道連盟公認柔道指導者、日本体育協会公認スポーツプログラマー、スタビライゼーションアドバイザー、柔道整復師専課教員免許、はり師、きゅう師、健康運動指導士、JATI-ATI

蔵元 秀一 先生

蔵元 秀一 先生

理学療法士、柔道整復師、柔道整復師教員免許、医学修士(解剖学修士)琉球大学大学院医学研究科機能解剖学分野現職、琉球大学大学院 医学研究科 人体解剖学分野非常勤講師、セラピット整骨院 院長

高口 修治 先生

高口 修治 先生

柔道整復師、柔道整復師専科教員免許、
はり師、きゅう師免許、柔道整復研修試験財団 、認定実技審査員資格取得

宜野座 康秀 先生

宜野座 康秀 先生

日本大学卒業、ACCAマスタートレーナー、元陸上日本代表短距離選手・元日本代表柔道家、高校野球チームのトレーナー、名桜大学非常勤講師

柳楽 聡治郎 先生

柳楽 聡治郎 先生

柔道整復師専科教員で柔道整復研修試験財団認定実技審査員をもち、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師の資格をもつ東洋医療のエキスパート。また、広島県柔道整復社会保険審査員の肩書きも持つ。16年間の鍼灸接骨院開業経営後、専門学校の柔道整復師教員を経験。

今西 博昭 先生

今西 博昭 先生

柔道整復師、柔道整復師専科教員、整形外科勤務、接骨院勤務、日本超音波骨軟組織学会評議員、JATI-ATI

  • オープンキャンパス申込み
  • 資料請求
  • 募集要項・奨学金・学費サポート
  • オリコの学費サポートプラン
  • セディナ学費ローン