パティシエ・ブーランジェ学科

比嘉 洸弥さん
(中部農林高等学校 食品化学科出身)

最新の設備を使い、レベルの高い授業を受けられるのが魅力

 中学2年生の時まで自分の進路を深く考えていませんでしたが、たまたま中部農林高等学校のパンフレットを見て、お菓子作りや食品関係の仕事に興味が湧き、中部農林高等学校の食品化学科を受けました。
 高校では1年生の時にパン作りを学び、2・3年生になるとチーズケーキやガトーショコラ、シフォンケーキなど細かい技術が必要となるお菓子を作ります。お菓子作りの原理を学ぶうちにさらに興味が出てきて、商品開発に携わりたいなと思うようになりました。美しい形のケーキを見ると、どういう風に組み立てているのか知りたくなり、自分もそういう素晴らしいお菓子を作ってみたいという思いが強くなっていったのはその頃からですね。それで、高校生の時にローソンと連携してパンを作る商品開発の委員に入り活動していました。
 進学では、SOLAとは別の専門学校2校で迷い、進路の先生に相談したところ、SOLAにもパティシエ学科ができたと教えられました。SOLAが他校と違うのは、学科名にブーランジェの名が入っていて、お菓子やパンを専門的に学べるのと、有名な辻口先生から直接教えてもらえ、設備も新しくて整っていたところです。他の調理学科よりパティシエ学科の方が商品開発に携われる機会が増えるのではと思ったのも決め手の一つですね。入学してみるとパン作りに関しては、高校の時の経験があったので他の生徒よりできましたが、洋菓子となると高校の時とはレベルが違い驚きました。冷蔵庫だけでなく、室内もクーラーを入れ食材の温度管理を徹底して行うので、 ここまでやるのかとびっくりしました。器材に関しても、最新の調理器がそろっていて、使えるだけで嬉しいですね。客員教授として来られる辻口先生の授業もまた、刺激を受けます。マカロンを作る授業では、自分達の作品は生地に斑点がありましたが、先生の見本のマカロンは美しく正確でした。いつか先生のようなマカロンが作れるようになりたいですね。
 2年生からは就職活動をしないといけないので、希望の商品開発ができる会社に勤められるよう、さらに正確性とスピードを磨いていきたいと思います。SOLAは設備も新しいし、先生方から学べることが多いのでおすすめです。