救急救命士学科卒業

救急救命士
浦添総合病院 勤務

東長田 彩奈さん
(八重山農林高等学校出身)

女性ならではのきめ細やかなフォローを活かす

小学生の頃、親の影響で医療系のドラマや命に関わるドキュメンタリー番組を観ているうちに、医療系の職に興味が湧き、救急救命士を目指すようになりました。
国家試験は難関で、2度目の試験でようやく受かりました。試験前は家やファストフード店などに仲間で集まり、励まし合いながら勉強しました。仲の良いクラスメイトがいたから辛い事も乗り越えられたと思います。
救急救命士は体力を必要とするので男性が多いのですが、女性だからこそできる気遣いや、患者さんや子どもに安心感を与えられる気配りは常に意識しています。現場で患者さんに良い処置ができ、搬送先でスムーズに次の検査へと導くことができるのが救急救命士の魅力だと思います。

東長田 彩奈さんストーリー
「パンフレットで仕事発見!SOLAに入学を決めた!」